Entô

隠岐諸島 海士町 ジオ×ホテルEntô(エントウ) 2021年7月、オープン

Reservations ご予約はこちらから

船に揺られて 風に揺られて
島根半島から北へ約80km
その昔 高貴な方々がそうであったように
流れ流れて あなたの街から遠く離れた場所へ

大きく開いた窓の向こう 広がるのは
むきだしの地球 遮るものは何もない
聞こえてくる 静かに波打つ海のささやき
フェリーの汽笛 鳥たちのさえずり
木の葉のざわめき 島の人たちの笑い声

ここは 地球にぽつんと浮かぶ 隠岐諸島 海士町
ないものはない けれど 大切なものはすべてある

隠岐ユネスコ世界ジオパークに佇む
泊まれる拠点施設Entô(エントウ)
まもなく 新しい旅の贅沢がはじまります

Reservations

本館は、2021年7月のオープン前
(2021年4〜5月)も営業しております。

※2021年6月は準備のため休館いたします

For Media

メディア関係の皆さま

プレスリリースはこちらよりダウンロードください。
Entôに関する取材・掲載につきましては、
下記メールアドレスまたはお電話にてお問い合わせください。

Mail : publicity@ento-oki.jp

Tel : 08514-2-1000

Location

島前と島後、主に2つのエリアから成る隠岐諸島。
Entôが佇む島前は、約600万年前の火山活動により形成された
カルデラ地形で、地球の大きな力が創り出してきた絶景が広がります。
島前の3島(中ノ島・西ノ島・知夫里島)は内海を囲むように
島が並んでいますが、3島は火山の外輪山の一部で、その陥没した部分に
海水が入り込み、穏やかなカルデラの内海を形成しています。

Access

Outline

Entôは、1971年開業の国民宿舎「緑水園」が原点。
1994年に増築し「マリンポートホテル海士」に改名。
本館、別館(緑水園)としてご利用いただいてきましたが、
本館の一部をリノベーションするとともに、
別館を建て直すかたちで新棟を建設。
Entôとして生まれ変わりました。

所在地
島根県隠岐郡海士町福井1375-1
アクセス
隠岐諸島海士町「菱浦港」から徒歩3分
敷地面積
約 5666.21㎡
構造(新棟)
木造化・CLTパネル構法
規模 (新棟)
地上2階、地下1階建
客室数
新棟18室/本館18室
開業予定
2021年7月
事業主
株式会社 海士
PM
レンドリースジャパン株式会社
建築
株式会社 マウントフジアーキテクツスタジオ
一級建築士事務所
VI・ネーミング
株式会社 日本デザインセンター
施工
前田建設工業・鴻池組 特別共同企業体